【ドイツ渡航記】4日目☆日曜デモ参加

0

    朝、周辺の散歩。動物だけでなく、野草を薬草としたりしながら生きているゴアレーベンの深さがよく伝わってきます。


    協会の碑。第一次大戦、第二次大戦で命を落とした人のものです。しかし、兵士の名前だけだ、とマーティンさんは批判もしていました。



    マーティンさんは家がピンチで急きょ帰ることに。洪水はいよいよ大変です。雨量のピークからして、12日が最高に達しそうです。

    最終処分場予定地の日曜デモへと向かいます。

    途中、廃棄物の運ばれるルートを通ってゴアレーベンへ。線路からトラックへと移し替えられる地点。


    トラックのルートでは、2万人の警察が民衆を排除しながら進むそうです。農民の側はトラクターなどで対抗します。警察はタイヤなどを破壊してくるそうです。農民の生活にとってとても大事なものをかけてでも闘争する農民の頑張りがここにあるのです。

    最後の直線。民衆の座り込み地点。




    http://www.youtube.com/watch?v=XUho43L1OHQ
    デモは、25年続いているそうです。あるときは600人、あるときは20人。ずっと続けてきた。今だに最終処分場として使わせていない。誇り。今日で189回目。
    6つの門の前を占拠し続ける闘いもやった。そこで結婚式をあげた人まで。
    デモのビラ。


    監視かがりものぞく。


    絵が書かれている。



    廃棄物搬入を実力で阻止するという強く激しい闘いの背景には、柔らかく、意見を出し合い話し合える行動がたくさんある。

    門前に紫陽花。紫陽花革命に共感したことから、探して持ってきてくれました。つながりたいという気持ちのこもったはからいですよね。


    ゴアレーベンの祈り(キリスト者の集まり)に合流。24年続いているそうです。



    椎名さんの訴えにドンドン反応。福島民報を見せての復興キャンペーンの実態、原子力マフィアが結局設ける仕組み、一つひとつが響いた。


    もちろんかんしょ踊りもくりだします☆
    http://youtu.be/yeCT4bbeYsg
    さらにお茶をしに移動。ここはデモの出発点でもあること。ルバーブのケーキが美味しい☆





    帰り。もう浸水した家がありました。


    夜はマーティンさん、ケアスティンさんと夕食。洪水の状況は予想を超えてきた。計画の変更、早めのデュッセルドルフ行きを検討。


    こちらの日没はとても遅いです。夕暮れに見えますが、これは22時です。なんとなんと。

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2013/06/11 9:46 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM