再稼働反対ポスター☆

0
    送ってくれた方に感謝☆ドンドン転載☆





    元のサイズはこちら
    https://skydrive.live.com/redir?resid=F079337D5570070E!120&authkey=!ALq9kfkyUivAjpo

    コメント
    2012年7月5日原発再稼働を直ちにやめて下さい!私たちの命を奪わないでください!

    野田首相、関西電力、嘉田滋賀県知事、山田京都府知事、門川京都市長、橋下大阪市長、矢田神戸市長ら各位  
               2012年7月5日命を守りたい患者会
    電話=09011446818keizirou.hushimi@hotmail.co.jp
    (連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号京都生協の働く仲間の会気付け) 

    私たちは、原発爆発で病院が奪われ、医療を奪われ、患者が、入院患者が、次々と殺されるという大虐殺を目にしてきた。東京電力と国らは、この大虐殺の張本人だ。絶対に許せない。にもかかわらず、今日、国と関西電力らは、大飯原発の再稼働を決定した。こんな大虐殺宣言、大虐殺戦争の宣戦布告を絶対に許せない。私たちは、必ず、大飯原発再稼働を阻む。原発再稼働を直ちにやめて下さい!私たちの命を奪わないでください!
    特に、橋下徹大阪市長らは、次のように言っています。全くひどい。
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120616/wec12061617190010-n1.htm
    「橋下大阪市長「関西は助かった。停電なら人命にリスク」
    2012.6.16 17:15 [節電・原発]
     政府による関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)再稼働方針の決定を受け、大阪市の橋下徹市長は16日、「実際に停電になれば自家発電機のない病院などで人命リスクが生じるのが大阪の現状だ。再稼働で関西は助かった。おおい町の人たちに感謝しなければならない」と述べた。」
    しかし、橋下市長は、「死亡した50人=福島・双葉病院の悲劇―原発事故避難での寝たきり患者」については、一切触れていない。全くひどい。
    大飯原発事故は、福島原発事故とは違う。その爆発による放射性物質バラマキは、偏西風に乗って、福島の場合は、多くが海に流れた。が、大飯原発爆発では、そのほとんどが、福井、京都、滋賀、更には、関西全域、岐阜、愛知、三重、静岡などに流れ、関西1400万人、更に多く、3000万人以上の人々が、被曝大虐殺を強要される。
    京都舞鶴市では、101の病院があり、国立病院機構舞鶴医療センター 、岸本病院 、市立舞鶴市民病院、東舞鶴病院、舞鶴赤十字病院、舞鶴共済病院などが重大被曝をする。南丹市では、43の病院があり、園部丹医会病院 (内科、神経内科 ほか6科目)、公立南丹病院 (内科、精神科 ほか24科目)、明治国際医療大学附属病院 (内科、神経内科 ほか14科目)などが重大被曝をする。
    京都市では、5月26日の京都新聞の発表でさえ、コンクリート建屋内に避難するとされている北区で240、右京区で257の病院が、重大な被曝をすることになる。
    北区で、京都博愛会病院、城北病院、洛北病院、京都北野病院、社会保険京都病院、京都地域医療学際研究所附属病院などの総合病院を先頭に、である。
    右京区で、社会医療法人和交会 太秦病院、河端病院、京都市立京北病院、国立病院機構宇多野病院、西京病院、嵯峨野病院、高雄病院などの総合病院を先頭に、である。
    「停電になれば自家発電機のない病院などで人命リスクが生じるのが大阪の現状だ。」などというが、それこそ、そのために緊急に対策をとるべきである。一体軍事費など、5兆円ある。人民を守るために、戦闘機も、ミサイルも、軍隊も、いらない。その金を、人を救うため、病院を救うたま、自家発電機を買うために使えばいい。この事を、原発爆発の被曝大虐殺強要正当化の理由にするなど、絶対に許さない。以上について、7月10日までに誠意ある回答を行う事を強く求める。

    1、
    福島県の東京電力福島原発爆発での双葉病院での多数の患者大虐殺を許せない。私たちは自分の問題として、深刻に考え、強く抗議する。(写真=双葉病院からバスで搬送された患者に防護服姿で声を掛ける医師や看護師=16日、福島県二本松市)
    3、
    この点をNHKは次のように報じている。
    「死亡した50人=福島・双葉病院の悲劇―原発事故避難での寝たきり患者」
    福島第1原発から5キロにある双葉病院と病院が運営する介護老人保健施設で、3月の事故直後に起った。
    移動バスの中で「座ったままなくなっていた」
    双葉病院と施設には180人の患者がいた。多くは寝たきりや介護が必要な高齢者。本来、移動はできない人ばかりだ。そこへ3月11日、 いきなり政府の緊急避難指示が出た。スタッフは院長以下17人だけ。バスが来たのは12日。まず自力で歩ける患者を送り出した。その直後に1号機が爆発した。
    病院は患者を自衛隊員に託す。混乱の中で13日から翌未明
    • 命を守りたい患者会
    • 2012/07/05 9:28 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM